任意整理の【3つのデメリット】を分かりやすく解説!

任意整理 デメリット

任意整理は、債務整理の中でも1番デメリットが少ない方法です。

 

しかし、少ないとは言っても、デメリットはありますので、任意整理を検討する前にしっかり理解しておくべきです。

 

ちなみに、任意整理を検討する前に、「どれくらいの借金減額が見込めるのか」を、事前に把握しておくこともかなり重要です。

 

…というのも、人によっては任意整理をしても、借金が減らなかったり、少しだけしか借金を減額できない人もいます。

 

その場合、時間と労力のムダになってしまいますよね。

 

「自分の場合どれくらい借金が減るのか」を把握することは、本当に大事です。

 

任意整理などでの減額の見込みを知るには、近くの法律事務所に相談に行ってもいいですし、ネット上の無料シミュレーターでも簡単に診断できます。

 

無料シミュレーターは、匿名でも利用可能なので、まずは診断してみましょう。

 

▼無料・匿名で利用可能▼

 

 

 

では、任意整理の3つのデメリットについても、詳しく解説します。

 

任意整理のデメリット(1)クレジットカードの作成などができなくなる

任意整理 デメリット

任意整理をすると、クレジットカードの作成などができなくなってしまいます。

 

また、カード作成だけではなく、キャッシング・カードローンの利用など、借り入れに関することがすべてできなくなります。

これは、「信用情報機関」というデータベースに、任意整理をしたことが記録されるためです。

 

一般的には、「ブラックリストに載る」と表現されることもあります。

 

クレジットカードの作成時や、キャッシングなどの利用時に、審査がありますよね。

 

実はその時に、この信用情報機関のデータと照合され、任意整理した記録があると、審査に通らなかったりするんです。

 

ちなみに、記録が抹消されるまでの期間は5〜7年くらいなのですが、その後は普通に問題なくクレジットカードの作成などを行うことができます。

 

「過払い金請求」なら信用情報機関に記録が残らない?

任意整理というのは、借金を返済している最中に行うものですが、既に返済が終わった人が、「不当に取られた利息を返してくれ!」と請求することを、過払い金請求と言います。

 

…で、この過払い金請求の場合には、信用情報機関には記録が残りません。

 

ちなみに、過払い金請求に関しては、「完済後10年以内に行わないといけない」というルールがあるので、そこは注意が必要です。

 

任意整理にしても、過払い金請求にしても、早めに着手するに越したことはありません。

 

まずは、任意整理や過払い金請求ができないかどうか、先ほど紹介した無料シミュレーターなどで、チェックしてみることをオススメします。

 

任意整理のデメリット(2)借金の元本が減るわけではない

任意整理 デメリット

勘違いしている人も多いのですが、任意整理では借金の元本が減るわけではありません。

 

任意整理はあくまで、払い過ぎた利息を返してもらういう方法です。

 

その返してもらった利息分を、借金の残額から差し引くので、減額されたように見えるだけなんですね。

 

借金の元金を減額できる債務整理もある

ちなみに、任意整理以外にも、民事再生や自己破産といった債務整理の方法もあるのですが、その場合は借金の元本を減額(または帳消し)することができます。

 

なのでもし、「借金の元本を減らしたい!」という場合には、民事再生や自己破産なども視野に入れて検討するほうがいいですね。

 

任意整理のデメリット(3)借金を減額できない人もいる

任意整理は、あくまでも「払いすぎた利息を返してもらう」という方法です。

 

なので、返済期間が短かったり、借金額が少なかったりした場合は、任意整理をしても、少ししか借金を減額できない場合もあります。

 

ただ、このへんの判断は素人では難しいところがありますので、まずは先ほど紹介した無料シミュレーターなどを使って診断してみることをオススメします。

その上で、もし任意整理で大幅に借金を減らすことができそうなら、実際に任意整理を進めていくという流れがベストです。

 

>>無料でシミュレーションしてみる

 

【まとめ】まずは借金をどれくらい減額できるかを知るのが重要!

任意整理

以上、任意整理に関して、特に知っておくべき3つのデメリットについて、解説しました。

 

読んでいただけたら分かるかと思いますが、まずは、

  • 自分の状況では任意整理できるのか
  • 任意整理をするといくら借金が減るのか

を、しっかり把握することが大事です。

 

その上で、実際に任意整理するかどうかを判断する流れになります。

 

近くの法律事務所に相談に行ってもいいですし、ネット上で提供されている無料シミュレーターなどで診断することもできます。

 

シミュレーションの結果、任意整理で大幅な借金減額が見込めるなら、実際に法律事務所に相談に行くという流れがベストです。

 

▼無料・匿名で利用可能▼