任意整理をするとクレジットカードが作れなくなる?

任意整理 クレジットカード

任意整理は債務整理の一つの方法です。
実際に整理する債務を任意で選択する事が出来ると言う事と、裁判所を通す必要が無いと言う点等から最も良く利用されている債務整理の方法だと言えます。

 

ただ当初の予定通り正常に借金を返済する事が出来なかったので、勿論ブラックリストには登録されてしまいます。

 

では、任意整理後にクレジットカードを作成する事が出来るでしょうか。

 

実際にクレジットカードを作成する場合は、カード会社の方は信用情報機関にある情報を調べる事になります。

 

勿論ブラックリストに情報が登録されていると言う事はその時点で発覚してしまいます。
するとカード会社の方としてはこの人にクレジットカードを発行するともしかしたら支払が滞ってしまうのではないかと判断する為、基本的にはカードの発行はしてもらう事が出来ません。

 

従って、ブラックリストに情報が登録されている5年から10年間に関しては新規でクレジットカードを発行してもらう事はまず出来ないと考えておく事が無難です。

 

ただ実際にはクレジットカードを発行してくれる会社も存在しています。

 

勿論そういった会社に関しても信用情報機関の情報等は照会する事になるのですが、発行する事によって自社にとってメリットがあると判断された場合等は発行してもらう事が出来る場合もあります。

 

とはいってもカード発行をしてくれる会社と言うのはとても少ないので、やはりブラックリストに情報がある間はクレジットカードの発行は無理だと考えておく方が無難です。

 

>>任意整理のデメリット TOP