任意整理の費用|弁護士や司法書士にい頼むといくら?相場は?

任意整理 費用

債務整理の中でも、デメリットの少ない手続きとして任意整理が知られています。

 

この記事では、任意整理を弁護士や司法書士などに依頼した際の費用について詳しく解説します。

 

任意整理は自分でやったらダメ?

 

任意整理の際には、消費者金融などの債権者と直接交渉をしなければなりません。

 

この交渉を自力で行うのは、正直かなり難しいです。
なので、一般的には弁護士や司法書士などに依頼することが多いです。

 

任意整理の費用相場

任意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合、基本的には以下のような料金体系になります。

  • 着手金
  • 減額報酬(成功報酬)
  • その他の費用

 

それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

着手金

着手金については、貸金業者1社あたりにつき4万円前後の費用が相場となります。

減額報酬(成功報酬)

貸金業者と話し合いを行って、減額の和解が成立した時には、減額された金額の10%を減額報酬として支払うのが費用の相場です。

その他の費用

例えば、振替送金の手数料については、貸金業者1社あたり1,000円×返済金の振込月数分の費用が必要になることもあります。

 

また、弁護士や司法書士の交通費や通信費なども、実費で支払うことを考えておかなければなりません。

 

過払い金返還請求の費用は?

任意整理をして、過去の取引履歴を確認した結果、支払いすぎている金額が借金額を上回っている場合があります。

 

その時には、過払い金返還請求を行うことも可能です。

 

過払い金の返還を成立させたときには、取り戻した金額のうちの20%を報酬として支払うのが、費用の相場となっています。

 

以上の内容はあくまで相場ですので、事務所によっては初回相談を無料で実施しているところもありますし、着手金を受け取っていないところもあります。

 

なので、最終的にはそれぞれの弁護士・司法書士ごとに、料金体系に多少の違いはあります。

 

>>任意整理のデメリット TOP