任意整理をすると信用情報機関に登録される?

任意整理 信用情報期間

任意整理をすると信用情報機関に登録されてしまうのですが、それについて詳しく解説します。

 

そもそも信用情報期間って?

信用情報機関というのは、一度でも借り入れを利用したことがある人のデータを集めている機関のことです。

 

過去にクレジットカードの作成や、キャッシングの利用、ローンの利用などを行った人のデータが記録されています。

 

貸金業者は、クレジットカードの発行や、キャッシングなどのサービスを行っていますが、担保を必要としない分、利用者の信用を元にして融資をしています。

 

なので、申し込みを受けた時に審査をするわけですが、その際に信用情報機関に問い合わせて、過去に問題がないかどうか照合するんですね。

 

任意整理などの債務整理手続きを行った人は、その記録が信用情報機関に記録されてしまいます。

 

任意整理をするとブラックリストに登録されるってこと?

「任意整理をするとブラックリストに登録される」という表現をよく聞きますが、実際にはそういったブラックリストが別途であるわけではありません。

 

信用情報機関に「任意整理を行った記録」が残ってしまうことを、ブラックリストに登録されると言っているだけですね。

 

信用情報機関に登録されている機関は、借り入れの申し込みを行ったとしても審査の段階で発覚しますので、審査を通過することができなくなります。

 

信用情報機関に記録される期間は?

信用情報機関も複数あるため、それぞれ記録が抹消されるまでの期間に多少の差はあります。

 

ただ、一般的には、5〜7年ほどの期間がたつと、記録が抹消されますので、その後は借り入れなども自由に行うことができます。

 

>>任意整理のデメリット TOP